来店予約 イベント情報 お問い合わせ

「新築」「リフォーム」

メリットとデメリット

新築するかリフォームするか、
悩んでおられる方はとても多いです。

建物に関するお悩み

  • 建物自体が傾いていて、地震などがきたら怖い
  • 扉などの開閉に支障がでている
  • 水廻りの床が傷んでいて床がぬけそう
  • 雨漏りがある

環境の変化

  • 間取りが今の生活パターンだと使いづらくなった
  • 家族構成が変わった
  • デザインを一新したい
  • 設備が古くなった


上記などの理由から悩まれる方がとても多いです。

しかし、
新築・リフォームそれぞれに
「メリット」「デメリット」があります。

新築

メリット

  • 間取り、設備などいまある不満のほとんどが解決できる
  • 目に見えない下地や家の構造も新しくなる
  • 自分の理想の家になる

デメリット

  • 愛着のある建物を解体することが前提となる
  • 建築費がリフォームと比べて高くなる場合が多い
  • 仮住まい、引越しが必要になる
  • 工事期間が長い

リフォーム

メリット

  • 愛着のある建物を壊さなくてもよい
  • 新築と比べて工事期間が短いことが多い
  • 仮住まい、引越しがいらない場合も多い
  • 諸費用も含めた総予算が新築と比較して安く済む
  • 予算に合わせてリフォーム内容を選択できる
  • 内外装とも新築同様になる

デメリット

  • 既存建物の構造によっては、間取りなどが自由にならない場合もある
  • 基礎、柱などを変えない場合、家の強度・耐震に不安が残る
  • 構造の補強を含めたリフォームは新築より価格が高くなる場合がある


新築とリフォーム、メリット・デメリットはいろいろとありますが、新築しよう、リフォームしようと思うきっかけは人それぞれ違うでしょうし、その思い入れも違うと思います。また、将来転勤がありそう、どちらかの親御さんの扶養をする、子供が独立して家を出る、もしくは、今現在別居している子供と二世帯住宅になるかもしれないなど、そのご家族のもつ背景によっても、適正な選択が変わる場合もあります。

一番大切なのは、ご自身の置かれている環境を想定し、将来のライフプランを一度整理した上で、新築かリフォームか判断することが大切です。